スキューバダイビングを始めるには

スキューバダイビングは普段は行くことが出来ない海や川などの、水の中を観たり体験できたりすることができるとても楽しいレジャーです。まるで別世界の水中世界は日頃の生活で疲れてた心を癒してくれます。スキューバダイビングは危険というイメージもあるかもしれませんが、ちゃんとした施設でガイドを付けるなどのサポートを受けることが出来れば安全ですし、スキューバダイビング目的の旅行なども計画できるため人生の楽しみが増えます。

初めてダイビングをする場合は

初心者がスキューバダイビングを経験するのに一番手っ取り早い方法が「体験ダイビング」です。ダイビングショップで働く経験豊富なガイドさんが基本となるダイビングに必要な知識を教えてくれ、さらに一緒に潜ってくれるため安心です。ダイビングポイントの近くには必ずこのようなダイビングショップが軒を連ねていますので、その中から評判の良いところを選んで問い合わせてみるとよいでしょう。最初にスキューバダイビングを体験するにはこれ以上ないプランといえます。

そしてこの「体験ダイビング」を経験して自分で潜りたいと思った場合にはCカードというダイビングに必要なライセンスを取るための講習を受けましょう。このCカードを習得するためのプランも大抵のダイビングショップには用意してあるので安心です。インストラクターが基礎から丁寧に指導してくれ、スムーズにCカードを習得することができるでしょう。体験ダイビングで水中の世界に魅了されてしまいCカードを取ってしまったという方はとても多く、ダイビング仲間もできて楽しく潜っているという人も大勢います。一度でよいのでスキューバダイビングを体験してみると世界が変わって見えるかもしれませんよ。

Cカードを取得しよう

一人でスキューバダイビングをするにはCカードといわれるライセンスを取得する必要があります。これはスキューバダイビングをするための免許証のようなもので、国ではなく民間の指導団体が発光しています。国とは関係がないためCカードが、ないからと言って法的に罰せられることはないのですが、スキューバダイビングは知識がないと危険なマリンスポーツのため、民間団体が免許の提示などを求めて安全性を高めているのです。

日本ではC級ライセンスなどと呼ばれることもありますが、ダイビング技術のレベルを表しているCランクのライセンスというという意味ではなく、英語のCertification-Cardの頭文字をとってCカードと呼ばれています。

Cカードを発行しているのはダイバー養成を掲げている教育機関でスキューバダイビングの知識と指導をするカリキュラムを提供してスキューバダイビング中の事故がないようにしています。日本国内だけでみても30以上の団体が存在しており、これらの団体でカリキュラムを受講することによってCカードを習得することが出来ます。

ダイビングショップであればほとんどの場合、何らかの団体のカリキュラムを提供していますので、自分にあった受講内容を選んで受講すると良いでしょう。Cカードを習得すればその時点から一人で潜ることができますので、一人で水中の世界を堪能するのもよし、仲間を集めて楽しむのも良し、自分らしい快適なダイビングライフを手に入れることができます。

recommend

最終更新日:2015/5/14