Cカードとは

スキューバダイビングにはCカードという技能認定カードがあり、このCカードがないと事実上スキューバダイビングを自由に行うことはできません。このCカードについては、ほとんどのダイビングショップで講習を行っておりこの講習を終了すれば誰でも習得することができます。Cカードにはランクがあり、上位の講習を受けて終了することによってより深度の深い水中に潜ることができたり、他の人への指導が出来るようになったりします。このページではこのCカードについて詳しく解説していきます。

Cカードの概要

Cカードはダイビングの指導団体が、直接、またはその委託ショップで行っているスキューバダイビングの技能講習を受けた人に対して発行している認定カードのことで、スキューバダイビングのライセンスを取ると良く効きますが、この場合はCカードのことを指しています。日本のダイビング指導団体はダイビングショップの形を取っているいわば営利目的の企業なので、その企業が発行しているCカードには実は法的な役割はないため、特にCカードを持っていなくてもスキューバダイビングをすることはでき、Cカードを持っていなかったからといって法的な罰を受けることはありません。

しかし、スキューバダイビングには多くの知識や技術が必要であり、それを持たないものが一人でスキューバダイビングを行うことは自殺行為に等しいといえます。器材の使い方や呼吸法などがわからないためほぼ事故がおこりますし、死んでしまう確率も高くなります。そのためCカードを持っていない人にダイビングショップがサービスを行うことは、予想できた事故を未然に防がなかったという理由によってもし事故が起きてしまった場合には法的な罰則がショップに対して科せられることになるため、ダイビングショップ側はCカードを持っていないお客さんにたいして体験ダイビング以上のスキューバダイビングプランを提供することはありません。スキューバダイビングはほとんどの場合ダイビングショップを通して行われるため、一人で無謀なスキューバダイビングを決行するというあまりあり得ないシュチュエーションでもなければ、事実上Cカードがないとスキューバダイビングはできないため、スキューバダイビングの免許的な位置づけとして扱われています。

また、オーストラリアなど海外の一部ではCカードを持たないものにはダイビング器材を売ったり、貸したりしてはいけないという法律があり、法的に禁止されている国も存在します。

Cカードのランク紹介

スクーバダイバー

一番最初のクラス。このクラスがスキューバダイビングを楽しむにはリーダークラスの牽引が必要になります。

オープンウオーターダイバー

二人一組としてスキューバダイビングを行うバディーシステムをとれば、リーダーレベルの引率がなくてもスキューバダイビングを楽しむことができます。

アドバンスドオープンウオーターダイバー

さらに様々なダイビングテクニックを身につけることで、さらに上のダイビングプランに参加することが出来るようになります。

レスキューダイバー

スキューバダイビングで起こる緊急事態を予測・回避するために必要な知識・技術を身につけます。

スペシャルティ・ダイバー

スキューバダイビングのさらに専門的な知識と技術を身につけ潜れる範囲が飛躍的にアップします。

マスター・スキューバ・ダイバー

アマチュアスキューバダイビングの最高峰ランクですレクリエーショナルダイビングの範囲であれば潜れないところはありません。

テクニカル・ダイバー

洞窟に潜るケイブダイビングや、沈船ダイビング、40メートル以上の大深度での潜水、混合ガス潜水、リブリーザーの知識・技術を身につけます。

ダイブマスター

スキューバダイビングのプロフェッショナル入門レベルです。このランクを取得するとダイビングショップで働くことができたり、インストラクターのアシスタントや、スキューバダイビング入門者の指導ができます。

アシスタントインストラクター

スキューバダイビングのインストラクター開発コース。プロフェッショナルなダイバーになるための経験を積み、スキューバダイビングの教育システムを学びます。

インストラクター

スキューバダイビング指導団体のリーダーとして、教育プログラムを行うことができます。インストラクターの中でもクラス分けが存在し、それによって行える教育プログラムの範囲が違います。最上級クラスはコースディレクターというクラスで、これを取得するとインストラクターの候補生を教育したりインストラクターがレベルアップするための認定を行うことができます。

Favorite

Last update:2017/8/24